育児支援セミナー

親子のタッチ・コミュニケーション講座(親子のタッチ・コミュニケーション)

ベビ―マッサージ

2000年から産婦人科でベビーマッサージ研究を始め、医学的、看護学的、心理学的な研究に裏付けされた親と子のストレスを軽減する「安心&安全なベビーマッサージ」のプログラムを通して、子どもの心に寄り添う交流方法、子育てに大切な子どもの心のケアの仕方を優しく教授します。
乳幼児期に、スキンシップ上手に親子の交流を行うと、自己肯定感が高く、問題解決能力が高くなり、レジリエンスな次世代育成に繋がり、ストレスに強い子どもを育むことが期待できます。
歌あそびや親子の絆を育むタッチの特別なベビーマッサージを実践し、子どもの心の発達に合わせた心のふれあい「タッチ・コミュニケーション®」を深めていきましょう。

♥ 受講された方の喜びの声はこちら

♥スケジュールはこちらでご確認ください。

癒しのヨーガ・セラピー

癒しのヨーガセラピー

情報化社会で生きる私たちは、慢性的に交感神経優位な状態に陥りやすく、自分でも気づかないうちに、自覚のないままにストレス状態となってしまい、疲れを感じることが多々あります。
ヨーガ・セラピーで、体のストレスと心に内在しているストレスの両面にケアを行い、日頃(育児・ 家事・仕事)の疲れを心と体の深いリラクゼーションで回復し、腰痛、肩こりや産前、産後の骨盤調整だけではなく、不定愁訴を感じておられる方にも、直ぐに効果が期待できます。
ヨーガの呼吸法は生命維持を司る自律神経を調整し、脳からは快感ホルモン、白血球のNK細胞増加など、免疫力も高まります。
年齢を問わず、どなたでも参加できますので、心と体に優しいヨーガ・セラピーでセルフケアをしましょう。

♥イベントの案内はこちら

子育てのための心理学勉強会

子育てのための心理学勉強会

子どもの成長と共に、子育ての悩みは変化します。
現在、日本の若い世代の死因の第一位が自殺であり、中高生からすでに自己肯定感が低いという事実をもとに、親が心の折れにくい子どもを育てる必要性があります。自己肯定感は、乳幼児期の親との関わりに大きく影響を受けます。
ストレスに強い子どもを育てるために発達心理学を基本に、交流分析(TA)を活用して親と子の交流パターンを分析し、子どもの心に沿った関わり方を学びます。まず親自身もレジリエンスを高めて、子育て、育児力をUPし、健全な次世代育成につなげていきましょう。

♥ 受講された方の喜びの声はこちら

♥イベントの案内はこちら